集会案内

1 愛餐会
 
 日曜日の礼拝の後、毎回欠かさず持たれているのが愛餐会です。担当者たちによって食事が用意されます。礼拝に出席した者たちの多くが参加し、中野桃園教会の特徴となっています。最古の教会の礼拝では食事が同伴しておりましたが、もろもろの事情によりその食事がなくなってゆきました。わたしたちの教会は最古の教会の礼拝に少しだけ似るものとなっていると言ってよいかもしれません。
 
 
 
 
2 読書会
 
 読書会は毎月1回、日曜日の礼拝の後の愛餐会後に開かれます。現在読んでいる書は、宮田光雄『権威と服従』(新教出版社刊)です。この書は「明治」初年からアジア・太平洋戦争敗戦までのこの国の歴史の中で日本のプロテスタント教会の信仰・神学が国家との関わりでどのような推移をしたかをローマ書13章の解釈史を通してたどるものとなっております。この読書会に礼拝後の愛餐会に参加した者のうちのほぼすべての者たちが参加しております。
 
3 聖書を読む会
 
 2013年度は5回開きました。毎回テーマを立ててそれに関連する聖書箇所を読み問題点を確認し語り合うという方式をとりました。これにも礼拝後の愛餐会に参加した者のほとんどが参加しました。次の2014年度はどうするか思案中です。